ベトナム人留学生の英語力?

なぜベトナムの学生は英語を話せるのか?

近年日本では、政府が英語教育の重要さを再認識した事により授業内容が変わり始めました。

image

しかし、今まで多くの日本人が中学校、高校で英語を勉強して来ましたが、学校の授業だけで実際に会話力が身に付いた人は皆無でしょう。
世界英語力ランキングを見るとベトナムは28位です。日本の26位と比べると少し低いのですが、ベトナムは日本より英語を話せる学生が多い印象です。なぜそんなにもベトナムの学生は英語を話す事が出来るのでしょうか?

理由の一つとして、英語が使えること=国際的な労働者市場で生き残っていく道であると気付いている事です。まだ国内だけで十分な収入を得る事が出来る日本で国際的な労働者市場を意識している人は多く無いでしょう。
前回ご説明した様に、ベトナムでは貧富の差による教育の不平等、大卒だけでは仕事に活かせるスキルが足らない等の理由があり、外国語が使える、又は特殊な能力が無いと、収入の良い仕事に就く事が出来ません。

そこで彼らは学生の頃から先を見据え、国際的なプロジェクトやボランティアに積極的に参加をしています。英語を使う機会や国際的な環境で働く機会を増やす事で、将来外資系企業や国外で働く事に備えているのです。
学生の頃から英語を使って働く事が当たり前だと認識していると、社会に出るまでに数多くの経験が出来るのではないでしょうか。

日本では受験の為に英語を勉強している印象が強いので、覚える事が多く、間違えた英語を使う事を極端に嫌がります。

その結果、強制的に話さざるを得ない環境に身を置く事が少なく、実際に話す機会を逃した多くの日本人が英語に対して苦手意識を持っています。
ベトナムでは自ら進んで英語に関わっていくので、文法や発音を間違えても恥ずかしがりません。恥ずかしがらずに英語を使い、多少間違えても話続ける事が日本人との大きな差になっています。この点は日本に来ても変わりません。

89ad67cbb948ac82e8d081b6d5c325c5

英語で会話をするベトナム人学生

ベトナム人留学生は、ベトナムで半年ほど日本語を勉強してから来日する人が多いですが、中には全く勉強せず来日する人もいます。
最初は日本語が分からず苦労しますが、日本語を覚えようと必死で勉強を半年程すると意思疎通は問題無いレベルまで到達します。
彼らは自分の勉強の為と収入の為にアルバイトをするのでとても良く働きます。

店舗で食事をしたお客様からお褒めの手紙が届いた事もある程です。学校の授業時間以外は全て、アルバイトに当てる気持ちで当社のドアを叩く者も少なくありません。留学生には1週間で28時間以内の就労制限が有り、毎日たくさん働く事は出来ませんが、時間が合う限り店舗の希望勤務時間に合わせるように働きます。モチベーションの高さは日本人にも勝るとも劣りません。

昨日から5月に入りましたが、来日して間も無い留学生が連日当社のドアを叩きます。そんな彼らに対して、我々グローアップも一生懸命仕事を探すお手伝いをしております。

人手の足らない店舗様、是非一度当社にご相談ください。学生のスキルを見極めた上、ご希望の人財をご提案させて頂きます。

きっとご満足頂けると考えております。